徹底比較!チームビルディング

皆さんの意見はどうでしょうか?!こっそりお聞かせください!

「飲み会」を捨てたチームビルディングとは

without comments

新しいプロジェクトが会社で始まり新チームが結成されると、「飲み会」がまずは顔合わせということで開かれることも多いです。「飲み会」はチームビルディングの定番です。多くの日本人が、「飲みに行けばとりあえず打ち解けられる」と信じています。日本中のいたるところで、今日もプロジェクトのキックオフに合わせた「飲み会」が開催されていることでしょう。

ところが一方では、「飲み会が実は苦手だ」という人もいます。お酒が一滴も飲めない人が僕の知り合いにもいるのですが、飲み会はそういう人にとって必ずしも楽しい場ではないようです。酔っ払ってみんながいい気分になっているのに、素面で自分だけテンションが合わないのは、想像以上に苦痛であるそうです。その人は、「飲めない」と言っているのにも関わらず、お酒を無理に勧めてくる人間にいたっては「地獄に落ちるべき存在」と断罪していました。

お酒自体は飲めるが、部署や会社の飲み会が苦手だという人はいます。「プライベートな業務時間外の時間まで、仕事の話を会社のメンバーと顔を合わせてするのはご免蒙る」と言う人がいたとしても、ある意味それは当然です。会社と仕事のためだけに誰もが生きているわけではありません。「仕事関係の飲み会」は、優先したいことがプライベートである人にとって、できれば避けたいイベントのひとつです。僕には、そういう人の意見を突っぱねて、無理にチームの空気に従わせることが「チームビルディング」であるとは到底思えません。

このように、必ずしもチームビルディングの方法として、「飲み会」は万能ではありません。今日はそこで、効果的な「飲み会」に替わるチームビルディングの方法について、少し考えてみたいと思います。

「チームビルディング」とはそもそも何なのでしょうか。

色々な定義がこれについてはあるようですが、簡単にここでは「効率のよいコミュニケーションがチーム内でできる状態を作ること」と考えることにします。目的に向かってチームは前進しますが、チーム内で効率よくコミュニケーションが取れることがその目的達成のためには不可欠です。

「よく知らないから、あの人話しかけづらいなぁ…」

という状態では、効率のよいコミュニケーションはできません。早期にそういう状態を解消するために、「飲み会」をプロジェクトのスタートと同時に開催して親睦を深めたりするわけです。

たしかに「飲み会」というのは、このように考えると、それなりにチームビルディングのひとつの手段としての効果があるだろうことはわかります。しかし、前述のように「会社の飲み会が苦手な人」や「お酒が飲めない人」にとっては、効果的とは必ずしも言えません。気の進まない飲み会によって、むしろヘンなしこりを作ってしまい、コミュニケーションの効率がそれによって後退することだって考えられます。

思うに、「効率のよいコミュニケーションがチーム内でできる状態を作ること」ができるならば、別に「飲み会」でなくても手段は構わないわけです。

「いやいや、ホンネでは酒が入らないと語り合えないのだよ」

もしかしたら、そう思う人がいるかもしれませんが、アルコールの力を借りなければできないようなコミュニケーションが、そもそもどこまで仕事の役に立つのか疑問です。酒を飲みながら仕事をやるわけではないのですから、効率的なコミュニケーションがアルコールを摂取しなくてもできるような状態でなければなりません。「お酒は飲まずに」親睦を深められる方法のほうが、そういう意味ではチームビルディングには適していると考えることもできます。

以上を踏まえて、「飲み会」ではなく「ランチ」によるチームビルディングを提案します。主に以下の3点が「ランチ」を優れていると思う理由です。

ランチには、まず第一にアルコールはいりません。料理の味を純粋に楽しめばよいので、お酒が飲める人と一緒にお酒が苦手な人でも楽しむことができます。飲み会のように上司に対して酌をしたり、一発芸を披露したりする必要もありません。いわゆる「無礼講」ではないので、親睦を仕事のテンションの延長として深めることもできます。良好な関係をランチの場を使って築ければ、ダイレクトにそれは仕事に効いてきます。

第二に、コストパフォーマンスの点でもランチは飲み会より優れています。結構な会費が飲み会に参加すれば掛かりますが、ランチであれば高くてもひとり1000円代で済ませることができます。飲み会のようにグダグダになることも短時間で終わるため回避できます。低価格で短時間になった分、頻繁に開催することも可能です。

第三に、プライベートの予定をランチはほとんど侵食しません。昼休みだってもちろん業務時間外であることにはかわりはありませんが、飲み会を就業後に開催する場合に比べれば、とてもプライベートが受ける被害は小さいと言えます。チームのみんなと昼間にランチに行ったとしても、自分の好きなことに夜は時間を使えます。

別に、「飲み会」を開催することをチームビルディングの手段として全否定しているわけではありません。「飲み会」は、チームのメンバー全員が望むのであれば十分有効なチームビルディングの手段になると思います。

一方で、チームビルディングが「飲み会」でなければできないということでもありません。上述したように、十分に「ランチ」だけでもチームのコミュニケーション効率を上げることができます。

どうも飲み会に乗り気でなさそうな人がチーム内にいるとか、あるいは、参加率が飲み会を開催してもよくないというようであれば、「ランチ」によるチームビルディングを一度検討してみてもよいかもしれません。

「とりあえず飲みに行こう」と何も考えずに言うだけでは、いいチームを作ることはできないのです。

従業員の成長なしでは企業の成長はない!今こそチームビルディングで社員育成を。マネージメントが人を活かし業績をあげる今注目の手法をはじめよう。チームプロジェクトを成功する秘訣をただ実行しただけでこんなに早く成果が出ました。求められるチームビルディング、その効果と成功要因をご紹介します。チームビルディング力で新たなビジネスチャンスを確かなものに。チームビルディングのことならグランデコンサルティング

Written by admin

7月 2nd, 2014 at 1:51 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)